日記

日記:『夜は短し歩けよ乙女』

あれこれと異なった面白味を追い求め続ける、というのはおもいのほか難しい。 人は、悲しみや苦しみと向き合わなければならないことが多い。自然、面白いことからテーマを引き出すより、悲しみや苦しみからテーマを引き出すほうが楽だ。テーマは、共感できな…

ミステリ読みになりたい:『毒入りチョコレート事件』感想

なら読め。 これは数年来のことだが、ミステリ読みになりたいと言いながらちっともミステリを読まない生活をしてきた。差し迫ったものがないと読まないのかもしれない、と思うから、「ミステリ読みになりたい」と題してシリーズものっぽくしてみた。 ブログ…

日記:Q. 綺麗な景色を見たとき、人はどうすればいい?

A. 綺麗だと思えばいい。 美しく世界を切り取る人たちの撮った写真以上のものを、自分は手に入れられないのではないか、ということを思う。写真のなかの世界は、まるでこの世界ではないみたいに美しい。誰かが撮った写真の街にあこがれても、本当にその街を…

日記:古い小説のように死を語る

随分とツイッターに脳をおかされているので、死について語るというと、追い詰められた人の絞り出す言葉のように感じる。実際、追い詰められた人の言葉であるときもあれば、そうでないこともある。 もっと死を、冷静に見つめてもいいのかもしれない。すこし古…

日記:LA・LA・LAND

まず、ネタバレをしない全体的な感想。 映像の快楽として最高だった。 賛否両論があるのはよくわかって、よくもわるくもディズニーランドのショーみたいな感じ。これはミュージカルだからというわけではない。だったらディズニー映画みたいと言う。 ディズニ…

日記:のけもののいない楽園

けものフレンズというアニメを見ている。 擬人化された動物たちの住む舞台で、人間である主人公が人間であることを自覚しないまま、自分がどんな動物か辿っていく物語だ。旅をしながら一期一会で様々な動物たちと出会い分かれてゆく。ロードムービーのような…

日記:「日本の色」という言葉に疑いの目を向けてしまう

和色、伝統色、などで検索すると、いかにも美しい日本語といった感じの色の名前を紹介しているページに行き当たる。 こういうところ → 日本人の美の心!日本の色(伝統色・和色) 濡羽色、なんかが有名だろうか。いかにも風情がある色の語り方だ。 こういう…

日記:本を読む練習

近頃、本を読むのが苦手になってきた、と4年くらい言い続けている。 原因に思いをはせると、ツイートやニュースサイトの記事といった短時間に区切られた情報に慣れすぎて、長時間1つのものに身をおく、ということに抵抗がうまれているのかもしれない。少しだ…