日記

日記:「スワロウテイル」

花とアリスに続いて岩井俊二作品のスワロウテイルを見た。 大筋があんまりいいとは思えなかったけど、それは大した問題ではないと思う。ネタバレになるので、まずは触れない。後から触れる。 結局のところ作品の全体に通底する大筋なんていうものは、最後ま…

日記:「花とアリス」

いい映画だというのがよくわかる。 一方、そこまで心には来なかった。 俺の精神状態の問題かもしれない。 ネタばれというほどでもないネタバレを書きます。 花とアリス 通常版 [DVD] 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント 発売日: 2004/10/0…

日記:悲鳴について

苦しい人が苦しい状況で発する言葉を、勝手に悲鳴と呼んでいる。 悲鳴はときどき怨嗟の声としてあらわれる。 なにかの事故で大事な人をなくした人が、そのなにかについて「××はこの世からなくなればいい」と言ったとする。もしくは「××なんてみんな死ねばい…

日記:つなげていくこと/永らえること

素朴な生命観として、種の存続のためにいのちは生きているのだという考え方がある。 素朴なので厳密には間違っているのかもしれないし、そもそも正しいとか間違っているでは議論できない内容であるとも思う。こういうことを素朴に考えてしまうというのも、生…

日記:得手を疑い、不得手だけを信じていた頃

一介の学生を主人公にした漫画で、このキャラクターは××が得意、なんて言われるとうすら寒い気持ちがした。そういう時期があった。 そんなちっぽけな得意は、それがもっともっと得意な人間に塗りつぶされて、見えなくなる。褒めることがない相手を褒めるため…

日記:北極に行きたい

北極に行きたいとかねがね思っていた。 これについて話すと、「南極ではなくて?」と聞かれる。 どう考えても北極だ。 陸地がない北の地こそ、人間を拒んでいるように感じられるじゃないか。 人間を拒んでいる北極の地に足を踏み入れて、そしてゆっくりと眠…

日記:7/24

きついときには2パターンあって、状況がきついと心がきついというのがある。 今の状況は、心がきつくなっていたら、状況がきつくなっていたという感じだ。 状況がきついのでとりあえず起き上がって動けているが、心がなおったわけではないので、パフォーマン…

日記:人間の誕生日

facebookにログインすると、毎日のように人間が誕生日を迎えていることを教えてくれる。twitterのタイムラインを見ていると、毎日のように誰かが誰かを祝っている。 今年はどうも、それが多く感じる。 去年と比べて特に知り合いは増えていない。だから、実際…

日記:服

最近、周囲の人間の服がだんだんと大人らしくなってきている気がする。 スーツや礼服なら俺も持っているが、オフィスカジュアルとかよくわからないし、綺麗めで落ち着いた私服とかもよくわからない。 今までの人生も年齢に適切な服を着てきたとは到底言えな…

日記:孤独であること/一人でいること

孤独であるからといって、一人でいるとは限らない。 むしろ人と一緒にいることもある。 楽しく遊んだり、しゃべったりしていることもある。 それなのに寂しく思ったりする。交流が空虚なものに思えたりする。 きっとそれは交流の質の問題ではない。 しばらく…

日記:よくなってきた

なんとなく精神が上向きになってきた気がする。 もちろん、つらいことはある。例えば口内炎が痛い。自宅で使っているキーボードがきかなくなってきた。何らかの期限が迫っている。 しかし、何でもないことに嫌気がささなくなってきた。 この「なってきた」と…

日記:『夜は短し歩けよ乙女』

あれこれと異なった面白味を追い求め続ける、というのはおもいのほか難しい。 人は、悲しみや苦しみと向き合わなければならないことが多い。自然、面白いことからテーマを引き出すより、悲しみや苦しみからテーマを引き出すほうが楽だ。テーマは、共感できな…

日記:Q. 綺麗な景色を見たとき、人はどうすればいい?

A. 綺麗だと思えばいい。 美しく世界を切り取る人たちの撮った写真以上のものを、自分は手に入れられないのではないか、ということを思う。写真のなかの世界は、まるでこの世界ではないみたいに美しい。誰かが撮った写真の街にあこがれても、本当にその街を…

日記:古い小説のように死を語る

随分とツイッターに脳をおかされているので、死について語るというと、追い詰められた人の絞り出す言葉のように感じる。実際、追い詰められた人の言葉であるときもあれば、そうでないこともある。 もっと死を、冷静に見つめてもいいのかもしれない。すこし古…

日記:LA・LA・LAND

まず、ネタバレをしない全体的な感想。 映像の快楽として最高だった。 賛否両論があるのはよくわかって、よくもわるくもディズニーランドのショーみたいな感じ。これはミュージカルだからというわけではない。だったらディズニー映画みたいと言う。 ディズニ…

日記:のけもののいない楽園

けものフレンズというアニメを見ている。 擬人化された動物たちの住む舞台で、人間である主人公が人間であることを自覚しないまま、自分がどんな動物か辿っていく物語だ。旅をしながら一期一会で様々な動物たちと出会い分かれてゆく。ロードムービーのような…

日記:「日本の色」という言葉に疑いの目を向けてしまう

和色、伝統色、などで検索すると、いかにも美しい日本語といった感じの色の名前を紹介しているページに行き当たる。 こういうところ → 日本人の美の心!日本の色(伝統色・和色) 濡羽色、なんかが有名だろうか。いかにも風情がある色の語り方だ。 こういう…

日記:本を読む練習

近頃、本を読むのが苦手になってきた、と4年くらい言い続けている。 原因に思いをはせると、ツイートやニュースサイトの記事といった短時間に区切られた情報に慣れすぎて、長時間1つのものに身をおく、ということに抵抗がうまれているのかもしれない。少しだ…