日記:「ブリッジ・オブ・スパイ」

スティーブン・スピルバーグ監督がつくる冷戦下におけるスパイの交換を題材にした映画。

スピルバーグがつくった実話を題材にした映画だと、シンドラーのリストとかが有名だけど、私はスピルバーグのそういうタイプの映画だとこれが初見だったり。

そういうタイプの映画と表現するのも冗長なのでどういうジャンルと言えばいいのかwikipediaを見に行ってみると、「歴史・伝記・ドラマ・政治・アクション・戦争・スパイ・スリラー映画」と書いてあった。長すぎる……。

 

ストーリーを簡潔に追うと、ソ連のスパイがアメリカで捕まり、裁判にかけられることになる。弁護士である主人公はスパイの弁護を任される。主人公は敵国のスパイであれ儀礼的に裁判を行うのではなく、公正に裁くことを求めて戦う。その中で主人公とスパイの中に奇妙な絆が生まれていく……みたいな。

こう書くと法廷劇と受け取られそうだけど、物語のクライマックスは、ソ連のスパイとアメリカ人の捕虜との交換を求め、主人公がソ連東ドイツの2国を相手取って交渉を行うところにある。

ただ、法廷劇パートにせよ、交渉パートにせよ、通底しているのは「アメリカ人としての誇り」ひいては人間賛歌というテーマだと思う。

 「アメリカ人としての誇り」――ある種の愛国心とも呼べるのかもしれないが、この作品で描かれる誇りは決して「敵国であるソ連に対する敵意」という形であらわれるものではない。

具体的な描写で言うと、ルール(法律)よりも国益を優先しろと言って主人公からスパイの情報を得ようとするCIAの人間に対して、主人公は「ドイツ系の君とアイルランド系の君をアメリカ人として承認するものは、憲法というルールだ」と言い放つ。

また、裁判の場面で主人公は、二重スパイになってソ連を裏切れという誘いを断ったスパイをたたえた上で、スパイを裁くにせよアメリカの法の下で権利をしっかりと与えて「我々のあり方」を示すべきではないか、それが冷戦における武器になるのではないか、という趣旨の発言をする。

つまり、単に自国を愛するのではなく、自分たちが誇る「アメリカ人としてのあり方」を自分たちが体現するということに、主人公はアメリカ人としてのアイデンティティを置いている。そういうものになじみがなかった自分としては、そこら辺の内容はとても興味深かった。ただ、それはアメリカ人に限った話ではなくて、やっぱり人間普遍の話でもあると思う。

 

そんなわけでタイトルにスパイと入っているものの、「スパイ映画」というわけではない。

しかしながら、冒頭、ソ連の老スパイ――アベルが捕まるまでの手際はスパイ描写としても賞賛に値する。シャツとパンツだけを身に着けた(いかにもおっさんという感じの)状態で警察が部屋に突入している、そんな絶体絶命の状況下でありながら、アベルは露ほども焦らずに証拠品の一つを隠滅してみせる。ゆったりとしたしぐさで自然に証拠隠滅を完遂するこのくだりは、スタイリッシュなスパイアクションとはまた違うスパイの魅力を描いている。かっこいい。

このアベルを演じるマーク・ライランスの演技が絶品で、チャーミングなおじさんという感じでとても良い。主人公の弁護士ドノヴァンから、たびたび不安ではないかと聞かれて「役に立つか?(Would it help? )」と答えるくだりの、老練なかっこよさとどこかとぼけた可愛らしさが共存している感じ、本当に凄い。

ある種の人間賛歌を描いた映画としても、魅力あふれるアベルのキャラクターを描いた映画としてもおすすめの作品です。

以降、ネタバレ

 

 

続きを読む

日記:「シャーロック・ホームズ(映画)」

ガイ・リッチー版アラジンが楽しみになってきてガイ・リッチー版の映画シャーロック・ホームズを見てしまった。(この文章はアラジン公開前に書かれました)

ちなみに原作ホームズについては「四つの署名」「シャーロック・ホームズの冒険」「シャーロック・ホームズの思い出」「バスカヴィルの犬」しか読んでないにわかです。

 

ホームズの推理は、靴についた土から歩いてきた場所を特定する、みたいな超能力じみたところもあるけど、それがガイ・リッチーらしいスタイリッシュげな演出と噛み合っていたと思う。基本的には早送りをまじえた緩急のある回想演出のアプローチを流用する形で、その場にある証拠品から過去を推理する様子を映像によって表現している。このあたり、わかりやすいだけでなく、ホームズの推理の異常性を可視化している点でも面白い。ホームズの推理力を映像で表現すると、その場を見ただけで過去に何かがあった特殊能力みたいになるんだと思う。

 

アイリーン・アドラーが峰不二子みたいな扱いだったことについてだけは、「これでいいのか……?」と思ってしまった。まぁそれは私のようなにわかではなく、識者の方がさんざん語っていそうなので、そういう人の感想を読んでみよう……。

 

あとは、ジュード・ロウ演じるワトスンがひたすらかっこいいんだけど、ロバート・ダウニー・Jr 演じるホームズとセットで、今までにないホームズ×ワトスン像みたいなものを打ち出している(しかし原作の一つの解釈として間違ってはいない)ところが面白い。それ抜きにしても、ジュード・ロウってこんなにかっこよかったんですね。基本的に俳優で映画を見るか決めることはないんだけど、今後ジュード・ロウってだけで見る決め手になるレベルでかっこよかった。帽子脱ぎ掛けで顔半分に影がかかってるカットとか、カッコイイものをカッコよく撮ることに長けた作品だからこそ、というところもあると思うけど。

私はホームズにわかなんだけど、ホームズ譚ってつまるところ推理物語というより「冒険」という印象があって、その「冒険」という面を全面に出した映像化だったと思う。

あと、ただの大男が最後の最後まで強敵として立ち塞がったりするのとかも、なんとなく好き。強そうなやつが単なるやられ役じゃない感じ?

日記:「リトル・マーメイド」「美女と野獣」「アラジン」

コードネーム U.N.C.L.E.が御洒落カッコイイ娯楽映画として最高だったので、ガイ・リッチー版実写アラジンが楽しみな今日この頃です。

日記:「コードネーム U.N.C.L.E.」 - しゆろぐ

だから、という訳ではないのですが、「リトル・マーメイド」と「美女と野獣」と「アラジン」を見ました。この3作はヒロインがディズニープリンセスみたいな形で括られるグループの一員になる訳ですが、「リトル・マーメイド」は1989年、「美女と野獣」は1991年、「アラジン」が1992年と続けざまに上映されているのが面白いです。それ以前のディズニープリンセスが登場する映画は、オーロラ姫が登場する1959年の「眠れる森の美女」なので、30年間の空白があります。

とか言ってると、「歴史を追うためにディズニー映画を振り返った」みたいな高尚な感じがしてきますが、実際にはなんとなく見ただけですし、ついでに言えば「美女と野獣」は実写版を見たので特に歴史は振り返っていません。そもそもディズニーの歴史については全然詳しくありません。

 

個人的な印象としては、アナ雪あたりで言われていた「王子様-お姫様」モデル?みたいなものからの脱却というのは、アナ雪以前に少しずつ始まっていたんだなーという感じがしました。

女性であるアリエルが主体的な選択によって行動をしていくリトル・マーメイド、「真実の愛」を男側が求めることになっている美女と野獣はわかりやすい。

アラジンだと、親に決められた結婚を拒んで、貧乏でも自由に生きるアラジンに恋するジャスミンと、ジャスミンに好かれるためにランプの魔神に願って自分を偽って王子様になろうとする(そしてジャスミンに煙たがられる)アラジンという構図は「王子様-お姫様」という単純な図式に懐疑的だからこそ出てくる構図です。たぶん。

まぁ天下のディズニーなので、そういう話は散々されていると思いますし、私がわざわざ書くことでもないのですが。

(そんなことを言ったら自分のブログ全否定になる気もしますが、まぁ)

 

以下、ネタバレありで個々の作品の内容に触れて感想書きます。

リトル・マーメイド (オリジナル・サウンドトラック)

リトル・マーメイド (オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Walt Disney Records
  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 
美女と野獣 (字幕版)

美女と野獣 (字幕版)

 
アラジン (字幕版)

アラジン (字幕版)

 

 

続きを読む

日記:「名探偵ピカチュウ」

見てきたぞ!

やたら高所から落ちそうになったり、割と派手にバカスカやったり。よくも悪くもハリウッドって感じ。ストーリーの細かい部分には粗が目立つ気もするけど、そういうところについては一切期待していなかったので楽しかった。

なんといっても、実写の街中で人と共生しているポケモンたちの描写が凄い。

独自のテイストでデザインされたポケモンたちの、実在感というか、街の中にしっかり生きている感じが凄い。

まぁそういう存在感がよかったからこそ、アクションシーンよりもっとポケモンが暮らしてるシーンがたくさんあったら嬉しいみたいにも思うんだけど。

ピカチュウかわいい。 

 

物語の筋の話に触れると、これは父の死を探る息子の話でもある。

父といっても、必ずしも親しくなかった、必ずしも大好きとは言えない、そんな父の死だ。

そんな父の死をめぐって、父はまだ生きているはずだから探そうと、父のパートナーだったピカチュウが語りかけてくる。

主人公のティムは、ポケモンを持たない人間だ。

ポケモンがいるのが当然の世界を描く上で、現実世界の視聴者と作品世界をつなげる橋渡しでもあるのだろうし、ティムとピカチュウが反目し合うというのはバディものの基本を押さえた設定とも言える。そんなに反目し合ってたわけでもないけど。

まぁそんなわけで、父子の物語やバディものに興味があって、ポケモンが好きな人ならおすすめ。でも、やっぱりバディものを求めるとやっぱり「うーん」となってしまうかもしれない描写もある。そんな感じ。

 

個人的に一番よかったポケモンメタモン

 ここからネタバレ

ポケモンセンターオリジナル ハンドタオル 映画「名探偵ピカチュウ」

ポケモンセンターオリジナル ハンドタオル 映画「名探偵ピカチュウ」

 

 

続きを読む

日記:「迷路館の殺人」

綾辻行人三冊目。

館シリーズの二作目、水車館の殺人の感想は以下にまとめてある。

日記:上半期に読んだミステリの感想 - しゆろぐ

館シリーズの中でもとりわけ評判のいい作品だが、評判通りの出来だった。

本作は自分が居合わせた事件を再現した推理小説を読み始めるという導入から始まるが、モチーフとして「作中作」「推理小説」というものをこれでもなく遊び倒している感じで面白い。

老いた推理作家の遺言。それは、集まった推理作家たちに迷路館を舞台にしたミステリを競作させて、一番の傑作を書いた者に全財産を譲るというもの。

いかにもな舞台、いかにもな設定、そしてとうとう起こってしまう、いかにもな事件。

推理作家の死体を予言するように残された、本人の書きかけの原稿……。

 

綾辻行人に対するなんとなくのイメージとして、「ザ・王道/ザ・本格ミステリ」みたいなイメージを持っていたが、この作品はちょっとメタな視点も入っている。まぁよくよく考えると「十角館」の時点で、近年のミステリ論みたいなことを登場人物が語らったりはするんだけど……。

十角館は「孤島の中/孤島の外」、水車館は「過去/現在」という二層構造をうまく使っていたが、本作もたがわず「現実/(現実に基づいた)推理小説」という二層構造を面白く使った仕掛けになっている。

なんというか、「正しくミステリ好きのためのミステリ!」というのをババーンを打ち出している感じで潔い。

「迷路館」を舞台にしたミステリで競作をする、という事件が起きる前段階でも結構わくわくするシチュエーションなのもよかった。ちなみに俺はぼーっとして何も考えずに読んでいたので、その時点では「なるほど! 今回は作中作を島田が推理していく感じか!」と思ってしまった。そもそも冒頭で「実在の事件を舞台にした作中作」って設定が提示されてるのに。あほか。

そんな感じで、以降ネタバレ

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

 

 

続きを読む

日記:二日目のカレー

「二日目のカレーは美味しい」という決まり文句を信じていない。

いや「二日目のカレーは美味しい」ということ自体は真実かもしれないが、そうであったとしても、私がその美味しさを実感できるほど上等な味覚を持っていない。味の解像度というものが低いのだろう。実際に料理をする際、味を細かく調整することに頓着するのも私は苦手だ。市販の調味料一つで済むのなら、それが楽でいい。

 

しかしながら、「二日目のカレーは美味しい」という決まり文句は嫌いではない。

この決まり文句には、生活における豊かさが宿っているような気がする。カレーを食べることに対するわくわくとした気持ちというか、二日目のカレーという日常の細部をしっかりと踏みしめて味わおうと言う心意気を感じる。私は、そういう風に日常の細部を踏みしめるのが苦手な反面、そういうことができる人に対する憧れもある。

カレーをつくって、「二日目のカレーは美味しい」という言葉を唱えるとき、味はわからずとも、日常を楽しむ心意気だけは真似ることができる気がする。

そういう感じで、「二日目のカレーは美味しい」という決まり文句を私は信じていない。しかし「二日目のカレーは美味しい」という決まり文句をおまじないとしてとらえるとき、私はこのきまり文句がきっと好きなのだと思う。