小説

小説:ドラッグ&ドロップ

カプセルを齧ると、かるく一時間は飛ぶ。 めまいがする。吐きそうになるし、実際に吐いていることもある。一方で、極上の悦楽を感じる。まさしく世界と同化できる。体が全てと溶け合って、あふれる。そう、あふれる。あふれるという言葉が適切だ。僕がコップ…

小説:人形になりたい

熊のぬいぐるみはため息をつく。 「キミは人間だからそんなことが言えるんだ」 その瞳は、クレヨンで塗りつぶしたみたいな真っ黒い色をしている。きっとそれは、夢にあこがれる純粋な色じゃない。目のなかの白い部分をぐりぐりと黒く染めた、諦念のような色…